エンジニア夜会_6

ペイミーエンジニア夜会・六夜

渋谷区宇田川町某所。ここでは、株式会社ペイミーに所属する3人のエンジニアが夜な夜な夜会を開き、ゆるゆると雑談をしているとか。話のネタは、真面目な話からくだらない話まで多種多様。今宵はどんな話が交わされるのでしょうか。

——本日はゲストが来ています。G所さんです。

G所:はじめまして。G所です。

Mり:いつも私たちを助けてくれる業務委託のエンジニアさんです。

——G所さんはいつから開発に参加しているんでしたっけ?

G所:2018年4月くらいからですね。手伝えて楽しいです。

——どんな経緯で参加したんですか?

G所:リファラルですね! 前職の同僚がペイミーに在籍していて、独立するタイミングで連絡したら誘ってくれました。

——外から見るペイミーってどんなふうに映ってますか?

G所:美しく映ってますね。

——美しい?

Mり:気になる表現(笑)。

G所:心が綺麗な方々が多いなと。もちろん見た目もですが。

Mり:心褒められた! うれしい! 田舎に産まれてよかった。

——都会に出てくると汚れちゃいますからね。ちなみに業務委託という形で協力していただいていますが、何か得られているものはありますか?

G所:PythonとAngularで仕事をしたことがあまりなかったので、それは良い経験になっています。逆にDocker入れたり、CircleCIの設定したりっていうDevOps周りのことは他でもやっているので、そういう部分はこちらが提供できている価値なのかなと思います。

Mり:めちゃくちゃ助かっています。G所さんが基盤をつくってくれているので、安心してサービス開発に取り組めています。

G所:良かったです! もっと安心して開発できるようにしていきたいですね

——役割分担的には3人で埋められない穴をG所さんが埋めてくれる感じですか?

Mり:ですです!

G所:開発の効率化は必要なことなんですけど、どうしても後回しになることが多いので、そういったところで生産性向上に貢献できたら良いなと思っています。

K村:素敵!

F原:神!

Mり:しゅきぴ!

——しゅきぴ?(笑)

Mり:そういえば、最近新しくサービスを開発されたんでしたっけ?

G所:そうそう! 「apotte」という予定調整のサービスをつくったのでぜひ使って下さい! 予定調整の面倒さを解消できます。フリーランスの方とかは特に使えるんじゃないかと。希望の曜日と時間帯を入力し、発行される共有リンクをシェアすることで1対1の打ち合わせを30秒で決定できます。

——便利そうですね。

Mり:私、実際に使ってみたんですけれど、めちゃ便利でした!

G所:ありがとうございます!

——どんなところが便利でしたか?

Mり:日付を決めてリンクを相手に投げるだけで完結するので、ビジネス的な文章が苦手な私にとってはとても助かります! 弊社の営業担当にも使ってもらいたいです。

——これはヒットしたら一生遊んで暮らせるやつですか?

Mり:ペイミーに出資してくれる流れですね。

G所:えっ!? じゃあ、そうします(笑)。

F原:これはもう言質取れましたね。

Mり:スクショしました。絶対に出資してください。

——本当に心が綺麗なのか疑いたくなるレベルのやりとりですね。

Mり:ホワイトよりのグレーですかね。

F原:ムーミンくらいの色味です。

Mり:わかりづらい!

G所:ムーミンの色は確か原作かアニメかで変わるはず。


F原:吹いた!

Mり:え、なんで知ってるんですか?

G所:ムーミン好きなんで。


Mり:雑学王すぎる…。

K村:豆知識取り入れてしまった。

Mり:ためになる話でしたね。

——ですね。今回ははじめてゲストに参加していただきましたが、またタイミング見ていろんな人を呼んでいきたいと思います! ということで、今回はこのへんで。

次週に続く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ペイミーくんマガジンへのサポートもぜひ!

ペイミーくんもスキだよ!
8

ペイミーくんマガジン

給与即日払いサービス「Payme」を運営する株式会社ペイミーがお届けするゆるゆるマガジンです。社員の日常をお届けするほか、お金や給与にまつわるモノやコトについても考えていきます。 サービス情報はこちら!https://payme.tokyo

ペイミーエンジニア夜会

渋谷区宇田川町某所。ここでは、株式会社ペイミーに所属する3人のエンジニアが夜な夜な秘密の夜会を開いているとか。今夜は一体どんな話が飛び出るのでしょうか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。